1年間だけでもOKのインターネット回線は?

モバイルデータ通信って何?



この先、1年間の間に、3回も引越しをしなければならないことになりました。
引越しのたびにインターネットの回線工事をしたり、契約を変更するのは面倒です。
余計な費用もかかってしまうので、継続して使える方法がないか、いろいろ調べてきました。

そこで、主人が、同僚に相談して聞いてきてくれたようです。
引越しが多かったその方が、おすすめの通信方法を教えてくれました。
「WIMAX」という、モバイルデータ通信を使って、インターネットをする方法です。

モバイルデータ通信とは、WiFi(無線LAN)を使って、インターネットに接続する方法の1つ。
モバイル通信を提供している会社は、いくつかあるようです。
中でも、引越しが頻繁にある人にも便利なのが、「WIMAX」なんだそうです。ウン♪(・∀・`○)

WIMAX、なぜ引越しの多い人におすすめ?



WIMAXがおすすめなのは、次の理由だそうです。
●1年間の継続利用でOK

フレッツ光などの光通信や、WIMAX以外のモバイルデータ通信だと、2年間の継続利用制限がほとんど。
WIMAXなら、1年間の継続利用で大丈夫です。

引越し先で必要がなくなったら、別のインターネット接続方法に変更する・・・
ということも簡単にできます。

●データ通信制限なし

スマートフォンのデザリングでパソコンをインターネットに繋げる方法や、WIMAX以外のモバイルデータ通信だと、
月々のデータ使用量に制限を設けています。
それを超えてしまった場合、一気に速度が遅くなってしまい、解除するのに追加料金が発生してしまいます。

引越し先でもデータ量を気にせず、フルでインターネットを利用したい人にとっては、大きなネックとなります。
WIMAXは、唯一、データ量の制限を設けていません。
そのため、安心して使うことができるんです。(・∀・)/

WiMAXを引越し先で使ってみると?



ホームページで、使いたい場所がサービスエリアに入っているかどうかを確認することができます。
私たちもこちらで、次の引越し先、実家、一軒家と、3ヵ所の電波の状況を確認しました。

契約をしてから、3日くらいですぐに機器が届いて、すぐにインターネットが使えました。
引越しのたびに配線をしなおしたり、パソコンを移動して使うのは、これまで結構面倒でした。
こちらだと、配線しなくても使えて便利です。

会社の資料など画像の入った大きな容量のものでも、今のところ問題なく扱えています。
WIMAXの回線速度は、光と比べると遅いそうなのですが、実際のところそんなに大きな違いは感じません。

光回線も、パソコンや配線の状況などで設定値まで達しないことがあるそうです。
よほど、頻繁に動画をダウンロードするのでなければ、光から切り替えても不具合は感じないのでは?

我が家では一軒家に引っ越すまでの1年間だけ使うつもりでしたが、その後も継続してもいいかなと思っています。

引越し先ですぐにインターネットが使える方法ってある?

インターネットの新規契約の注意点は?



妊娠、出産のため一軒家を購入したのですが、タイミングが悪く、すぐに入居することができませんでした。
そのため、この先1年の間に3回も引越しをしなければいけないことに・・・
次に住むマンションでは光回線が使えないので、インターネットの回線をどうするか悩んでしまいました。

インターネットを、他社から乗り換えてお得に契約できるサービスって、よく見かけます。
ですが、2年間以上継続使用するなど、条件がついているところがほとんど。
途中で辞めてしまうと、違約金が取られたりしてしまいます。

回線を新しく入れるとなると、工事も必要になります。
引越しのたびに、インターネットの回線を変えるのは、かなり面倒な上に費用もかかります。

引越しが決まって、いざプロバイダーに連絡すると、回線工事予定は1ヶ月後になってしまった・・・
ということもよくあるそうです。・・・(・∀・i)タラー・・・
特に、4月や9月などは、新生活を始めたり会社の異動が多いので要注意ですね。

優先LANと無線LANの違いって?



インターネットが使えない期間が、引越しのたびに1か月もできてしまうのは、かなり不便です。
何か、良い手段はないものでしょうか?(。´・ω・)ん?

調べてみると、「有線LAN」「無線LAN」の2つの方式があるそうです。
この2つの違いですが・・・

●有線LAN
パソコンでインターネットをするため、有線ルーターとパソコンをLANケーブルでつなぐ方法です。
安定して高速の通信が確保できたり、ケーブルでつながったパソコンしか通信できないので、
セキュリティ面で安心、といったメリットがあります。

反面、配線の必要があるので、パソコンの後ろがごちゃついてしまったり、
有線ルーターとパソコンの距離が遠い時は、長いケーブルが必要になる、といったデメリットも。

●無線LAN
LANケーブルを使わない、無線の通信を使って、パソコンとルーターをつなぐ方法です。
配線の必要がないので部屋がすっきりする、電波が届けば移動してどこででも使える、
といったメリットがあります。

反面、コンクリートや鉄の壁など、部屋の場所によって電波が届きにくいデメリットも。

引越しが多い人におすすめのインターネット通信って?



インターネットの接続方法をどうするか、主人が、会社の同僚に相談したようです。
その方は、転勤が多く、引越しをすることが多かったんだとか。
おすすめの方法は、無線LANを使ったモバイルデータ通信という方式だそうです。

これなら、回線を必要としないので、工事が完了するのを1カ月も待つ必要がありません。
モバイルデータ通信を提供している会社は、いくつかあるそうです。

その中でも、頻繁に引越しする人におすすめなのはどこか、教えてもらいました。(*´∀人)♪
会社によって、継続利用する期間の制限など、違いがあるそうなのです。

引越しが多い!インターネットはどうしたらよい?

1年間に引越しが3回も・・・



引越しって、本当に面倒な手続きが多いですよね?
市役所に出す異動の手続きや、郵便物の転送、免許証の住所変更などなど。

現在妊娠中なのですが、この先1年くらいの間で、3回も引越しすることになりそうなんです。
今住んでいるところは、駅から遠くて坂が多い場所。
毎日の通勤で坂道を長時間歩くのは、もう限界になってきました・・・(`-д-;)ゞ

そこで、駅から近い一軒家を買うことにしたのですが、そこに入れるのは1年先になります。
なので、一旦、別の賃貸マンションに引越しをすることにしました。
出産で育休をとるタイミングで実家の部屋にしばらく住んだあと、そこの一軒家に住む予定です。

短い間に何度も引越しをするので、そのたびにいろいろな変更手続きをしなければいけません。
それを考えると頭が痛いですが、仕方がないですね。

引越し先で光回線が使えない?



この前、次に住む予定の賃貸マンションに、主人と二人で下見に行ってきました。
そこで、大きな問題が発覚してしまいました。

とりあえずの借住まいということで、駅から近い築年数20年の古いマンションを選びました。
ところが、そこのマンションでは、光回線が使えないようなのです。
住んでいる方が年配のご夫婦が多いので、これまで使いたいという要望もなかったようです。

私たち夫婦は、仕事でも自宅でもインターネットをよく使います。
そのため、現在のマンションでは光回線を使っています。

仕事を家に持ち帰ることも多いので、ADSLだと、作業効率が悪くなりそうで心配です。
引越し先でも継続するつもりだったので、ちょっと困ったことになってしまいました。

最終的に引っ越す一軒家では、光回線がすでに導入されています。
ですが、短期間に回線を何度も変えないといけないのは、ちょっと面倒です。(;´Д`A ```

インターネットの接続方法は何がある?



インターネットの接続方法は、主に、ADSL、光回線、CATVの3種類があります。
それぞれの特徴は、次のようになります。

ADSLは、電話回線を使ってインターネットを接続する方法。
速度が遅かったり、安定しないので、インターネットを頻繁に使用する場合は不向きです。

それに対して、光回線は光ファイバーの回線を使っています。
通信速度が速く、距離や環境によらず安定しているため、インターネットを頻繁に使う人に適した方法です。

もう1つが、CATVという、ケーブルテレビの回線を利用したインターネットのサービスです。
これは各ケーブルテレビ会社にもよりますが、通信速度も速いところも増えているみたい。
賃貸物件などでは、ケーブルテレビと併せて安く利用できるので、導入しているケースも増えているようです。

ただ、今度引っ越す築30年物件には、当然、CATVなどは入っていません。…(・´ェ`・;)ゞ

Return to page top